少女Aラブプレイ

少女Aラブプレイは1982年に発売された裏ビデオ作品

少女Aラブプレイ.png



あらすじ
女優が洋物ポルノマガジンを見てオナニーを始める。
場面は唐突にバスルームへと変わり男と浴槽に立って本番。
ベッドに移り男の執拗な愛撫から本番~フィニッシュは中出し。
放尿シーンのスローモーションでエンドロール。

通称「コンバットチーム」による制作。
同グループ制作の青い体験同様にオーバーラップなどの手法が多用され
編集レベルでは優れているが、珍しくストーリー性がない。
ホテルでやりまくるだけの作品である。



エピソード
OP、ED曲にも使われている中森明菜のヒット曲「少女A」。
少女Aラブプレイの裏市場配巻はレコード発売よりも先であったという。
レコード発売前に業界関係者のみに配られるサンプル盤をBGMに使用したことが推測される。



発売時期
1982年(昭和57年)



出演者
女優:松本ありさ、モデル名不明
   
男優:不明(通称青山クン)
   コンバットチームの他作品や複数のピンク映画に出演歴あり。
   松本竜介似。
    


ロケ地・撮影場所
ホテル・目黒エンペラー



挿入音楽
中森明菜『少女A』



この項目「少女Aラブプレイ」を加筆、訂正してくださる協力者を求めています。

  • 最終更新:2016-06-25 22:38:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード