IN SHOOT 恐怖の人間狩り

IN SHOOT (コンバット、恐怖の人間狩り)は1982年に発売された裏ビデオ作品

コンバット.png



解説
洗濯屋ケンちゃんとともに国産裏ビデオの代名詞的作品。
1976年のアメリカ映画「Shoot」を全編オマージュしている。
Shoot 1976

TV関係者が関与し、ライフルや血糊など本格的な小道具を採用。
一説には製作費500万円、スタッフ総勢40名、ロケには電源車も用意された。

当初予定していた女優が撮影当日に現れず、急きょエリカに変更となった。

制作者によると「日活のような作風ではなく海外に出しても受け入れられる無国籍なコンセプトにした」
と答えている。
しかし裏ビデオとしては高過ぎる編集クオリティが仇となり、ポルノシーンの弱さが際立つ結果となった。

最も知られているタイトル「恐怖の人間狩り」は製作者が流通させた際にはクレジットされておらず
関係者によって別ルートで流れたバージョンに付け加えられたものとされる。
他にはコンバットと称されることもあるが正式名称は「IN SHOOT」。

冒頭にProduced by COMBATとクレジットが入り、制作グループは「コンバットチーム」と呼ばれた。
同グループの手がけた裏ビデオ作品には

製作グループは1983年春に摘発。
尚、洗濯屋ケンちゃんの制作グループも同時期に摘発されており新聞報道も一緒であった。

初期流通はいわゆるカバン屋ルートではなく、製作グループが新宿区に構えた販売拠点における
直販方式だった。



発売時期
1982年(昭和57年)


あらすじ
サバイバルゲームに明け暮れる3人の兵士姿の男がカップルを襲い、女を暴行。
女は兵士たちの隙を見て反撃に転じるというもの。
バスルームでフェラチオ中、サバイバルナイフで男性器を切断。
ラストシーンでは奪い取ったマシンガンを乱射し兵士たちを狙撃、最後は自らの命も絶つ。



出演者
男優
兵士役3名: 不明、内1人はTV・映画などで銃のエフェクト(特効)のプロ。
カップルの男役: 通称青山君



ロケ地・撮影場所
冒頭車が乗りつけるシーン:某TV局放送センター地下
室内シーン:某撮影スタジオ
避暑地の山荘シーン:軽井沢


挿入音楽




この項目「IN SHOOT 恐怖の人間狩り」を加筆、訂正してくださる協力者を求めています。

  • 最終更新:2018-05-25 19:53:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード